中学3年生になったのであれね本人のみならず、親も一緒になって悩む問題が出て来ます。それは、高校受験です。高校受験と言っても、私立や国立の超難関校を目指す子もいれば、一般的な公立校を選ぶ子もいるものです。公立と表現しても、最近では、?多く良い高校があるので、安心なさって下さいね。今回は、公立高校を受験させる為の勉強のコツに関して、少しご紹介していこうなんですね。公立高校に合格するために必要な勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)時間が、どれくらいかご存じですか?これはあくまでも望ましいですが、中学3年生ならね、平日は4時間、休日は8時間くらい勉強時間が必要になるはずです。しかし、実際のところ、部活があったり、お友達との約束があったりして、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)ながらに忙しい時間を過ごしていることでしょう。集中的に長い時間勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)をするのは、大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)の私達でも苦手でしょう。それを子どもにやりなさいと強要するというのは、どれくらい本人のためと入っても酷なだといえると思います。お家で学習する事も大切ですが、公立高校を目指していますからあれば、しっかりと毎日学校の授業を聞くことが重要です。学校の授業をしっかり聞いて、毎日お家で復習(授業などで学習したことを再度学習して、脳により定着させることをいいます)するというような習慣を身に付けたらいいかも知れません。毎日復習を行うことで、基礎を身に付ける事が可能となります。公立高校の入学試験(学校が入学者を選定するために行う試験のことですね)は、この基礎を問われるような問題が多く出題される傾向があるでしょう。その為、基礎さえみについていれば、問題なく受験に合格することが出来るみたいです。一日は24時間と限られているみたいです。その中でも、有効に時間を用いることができるように、計画を立てて勉強するといいでしょうー